面接時の自己PRを成功させるための2つのポイント

面接ではいろんな質問をされます。

面接時の自己PRを成功させるための2つのポイント
面接時の自己PRを成功させるための2つのポイント

面接で年収を聞かれた嘘を付かないように

面接ではいろんな質問をされます。その質問の中で現在の年収がいくらなのか聞かれる事があります。この時に実は年収が300万なのに500万や200万と嘘を付くことは避けましょう。何故かと言うと、基本的に企業が人材雇用を行う時、出せる給料の金額には限界があるわけです。これはその人の実力に応じてどのような役職で働いてもらうのかなど、様々な事を検討して給料を考えるわけです。年収について嘘を付くと、それが理由で不採用になることがあります。

しっかりと正しい現在の年収を伝えておくと、場合によっては役職候補とされて面接を受けれる事があります。年収が高い方が良いのか低い方が良いのか、これは年収の金額によって自分の評価が決まるわけではなく、実力と共にどのような待遇でどのような内容から仕事を任せるのか、相手側の判断が変わってくるという事です。年収を聞かれて嘘を付いても、自分にとってのメリットは殆どないので、正しく年収を伝えましょう。

面接でまさか年収を聞かれると思っていない場合、とっさに年収に関して誤った情報を伝えてしまうことがあります。そのような場合は面接後でも良いので正確な年収の金額を訂正しておくようにしましょう。

Copyright 2017 面接時の自己PRを成功させるための2つのポイント All Rights Reserved.