面接時の自己PRを成功させるための2つのポイント

転職で数社で面接を受けると、すでに内定を貰っている状態で面接を受けることがありますね。

面接時の自己PRを成功させるための2つのポイント
面接時の自己PRを成功させるための2つのポイント

内定を貰った状態で面接を受ける時

転職で数社で面接を受けると、すでに内定を貰っている状態で面接を受けることがありますね。そのような場合にこれから面接を受ける企業に対して、内定がある事を伝える方が良いのかどうかは判断に迷います。基本的には内定を貰っている状態なら、その事を相手側に伝えておく方が良いです。これは自分にとってメリットになることがあります。

他社で内定を貰っている状態で、面接を受けた時に自分の事を良く評価して呉れた場合、他社より自社へ就職してもらう為に条件の良い提示がなされることがあります。こうした結果は本当に大きなメリットになりますね。逆にあまり評価されなかった場合は他社で内定が決まっているなら、自社に引き込む必要もないと判断される事もあるので、これはデメリットになります。しかし、こうしたケースの場合は結局のところ内定の有無で決まる事は殆どありません。内定が無くても面接で評価が悪い時は悪いです。その為、基本的に内定を伝えるかどうかで迷った時は、内定を貰っている事を伝えるというスタンスで面接を受けると良いです。

内定を貰っている事を面接官に伝えるかどうかで、有利な条件から採用を狙えるケースがあるので、面接を受ける際に頭に入れておくと良いです。

Copyright 2017 面接時の自己PRを成功させるための2つのポイント All Rights Reserved.