面接時の自己PRを成功させるための2つのポイント

就職や転職の採用面接では、面接官から自己PRを求められることが多いですが、なかなかうまく自己PRができないという悩みを持っている人は多いのではないでしょうか。

面接時の自己PRを成功させるための2つのポイント
面接時の自己PRを成功させるための2つのポイント

面接時の自己PRを成功させるための2つのポイント

就職や転職の採用面接では、面接官から自己PRを求められることが多いですが、なかなかうまく自己PRができないという悩みを持っている人は多いのではないでしょうか。しかし、自己PRも次の2つのポイントを押さえて実践すれば、手ごたえを感じられるものにすることができます。1つ目のポイントは話す内容です。ます冒頭で「私は○〇を得意としています」と最初にPRしたい内容を端的に伝え、次にその根拠となるこれまでの職歴や経験などを続けて伝えます。そしてその根拠に関する具体的なエピソードなどを交えた例を詳しく話すようにして、最後に結論としてその能力を会社の中のどういった役割を通して役立たせたいと考えているかを伝えるようにしましょう。この流れで話せば、説得力のあるまとまった自己PRができます。

2つ目のポイントがやはり自信を持って堂々と話すことです。姿勢を正し、面接官の目をしっかりと見て、時にはジェスチャーも交えながら、はきはきとした滑舌のよい話し方を心がけましょう。いくら話す内容に説得力があっても自信の無い態度で伝えては相手に良い印象を残すことはできません。その時だけは恥ずかしさを忘れて、舞台でスポットライトを浴びている役者になったつもりで自信を持って話してみましょう。きっと面接官もその勢いに何かを感じてくれるはずです。

Copyright 2015 面接時の自己PRを成功させるための2つのポイント All Rights Reserved.